上へ戻る

清風薬局

 

地域貢献・地域啓発 地域に根ざした独自の取り組みでふるさとを元気に応援。

明るく元気なふるさととは、そこに暮らす人々が

心身共に健やかであることと私たちは考えます。

清風薬局は地域の皆さまに勇気と笑顔と感動を与える

さまざまなイベントを通して、ふるさとを元気に応援しています。


市民公開講座「更年期を前向きに過ごすために
-乳がんが増え続ける時代にいつまでも健康に生き続けるには-」

平成30年11月17日(土)15:00~16:30

2018年市民公開講座写真1

2018年市民公開講座写真2

2018年市民公開講座写真3

湘南記念病院 乳がんセンター長 土井卓子先生をお招きし、あさぎり町ポッポー館にて市民公開講座「更年期を前向きに過ごすために -乳がんが増え続ける時代にいつまでも健康に生き続けるには-」の講演を行いました。
(共同主催:大塚製薬株式会社ニュートラシューティカルズ事業部)
(後援:あさぎり町、あさぎり町商工会、人吉地区法人会、人吉新聞社)
当日は、近隣にて各種イベントがある中、72名の方が参加していただき有難うございました。土井先生には、最新の乳がん研究の話や自己検診の方法、乳がんが発見された後の生き方について、分かりやすく時には情熱的に話をしていただきました。
公演後記入して頂いたアンケート(57名の方が記入してくださいました)でも、「とても分りやすかった」「また、やって欲しい」等、好評をいただいております。
今後も、地域の皆様の健康のためこういった講演、デイサロン等での情報提供を行っていきますので、皆様何卒よろしくお願いします。

RUN伴(ランとも)2018あさぎり

平成30年11月10日(土)10:00~12:30

2018年RUN伴あさぎり写真1

2018年RUN伴あさぎり写真2

2018年RUN伴あさぎり写真3

「RUN伴(ランとも)2018あさぎり(総参加者数50名程度)」に清風薬局、清風ハートピアの社員5名が参加いたしました。
RUN伴(ランとも)は、今まで認知症の人と接点がなかった地域住民と、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。(公式HPより)
当日は晴天にて、絶好の運動日和となりました。
10時より「あさぎりこどもえん」よりスタートし、11時に「frog-hair」前にてたすきリレー、その後、ゴールのAコープ駐車場まで、鐘ヶ丘ホーム、月明館、翠光園の方たちと練り歩きました。
認知症の方々が安心して生活できる地域を目指し、こういった活動に今後も参加していきたいと思います。

あさぎり町福祉まつり

平成30年10月28日(日)9:30~15:00

2018年あさぎり町福祉まつり写真1

2018年あさぎり町福祉まつり写真2

2018年あさぎり町福祉まつり写真3

「あさぎり町福祉まつり(来場者数約300名)」に今年も清風薬局および清風ハートピアが参加しました。
清風薬局、清風ハートピアそれぞれがブースを作り、清風薬局のブースでは薬局の薬剤師が「お薬、健康の相談対応」を行い2名が相談に来られました。清風ハートピアのブースでは福祉用具専門相談員が「福祉用具の相談対応」を行いました。終了までの間、11名の方が来られています。
実際に受けた相談の内容についてですが、お薬相談ブースでは「現在飲んでいる薬の質問」「血圧についての質問」、福祉用具相談ブースでは「ポータブルトイレ」「GPS内蔵の介護シューズ」の紹介を、それぞれの担当者が回答を行っています。
今後も清風薬局、清風ハートピアともに皆様の一助になれるようにがんばります。
<参加した薬剤師>
・清風薬局多良木店     白石貴裕
・清風薬局多良木店     下川希世
・清風薬局多良木店     園田恵菜
・清風薬局免田店      下川隆志
・清風薬局サンロード免田店 野田千里
・清風薬局サンロード湯前店 筑紫聡
・清風えびす薬局      山下力
・清風はなみずき薬局    山下尚子

とっておきの音楽祭inひとよし

平成30年10月14日(日)10:00~15:00

2018年とっておきの音楽祭inひとよし写真1

2018年とっておきの音楽祭inひとよし写真2

「とっておきの音楽祭inひとよし(来場者数2,000~3,000名)」のお薬相談ブース(人吉球磨薬剤師会主催:堤病院九日町診療所駐車場設置)にて清風薬局人吉店の管理薬剤師 岡田幸二がお薬および健康に関する相談対応を行いました。
(岡田参加時間14:00~15:00)
10時から15時の間に10名の方が相談しに来られ、その内の1人について相談対応をさせていただきました。
飲んでいる睡眠導入剤が変更になり、そのことについて不安があるとのことでした。
変更前、変更後の薬の役割を説明し、特に問題ないことをご説明させていただきました。

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン

平成30年10月5日(金)14:30~15:00

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

吉井地区軽スポーツセンターで行われたデイサロンにて、清風薬局社長 白石貴裕が講演を行いました。(参加者数12名)
先日、本庶佑(ほんじょたすく)氏が「ノーベル生理学・医学賞」を受賞したこともあり、参加された皆様のがんへの興味の高さを感じました。
そのこともあったので、今回のデイサロンでは最新のがん研究、がんの予防方法等をお話させていただきました。
日頃の生活を見直すことにより、がんの予防が可能であり、生活習慣病の予防でも使われる「一無、二少、三多(一無:禁煙、二少:少食・少酒、三多:多動・多休・多接)」を行ってくださいと提案させていただきました。

平成30年度人吉球磨地区青少年健全育成・薬物乱用防止キャンペーン

平成30年10月5日(金)7:20~8:07(雨天)

平成30年度人吉球磨地区青少年健全育成・薬物乱用防止キャンペーン1

平成30年度人吉球磨地区青少年健全育成・薬物乱用防止キャンペーン2

人吉・球磨の学校で行われた「青少年健全育成・薬物乱用防止キャンペーン」に、免田店管理薬剤師・下川隆志と多良木店薬剤師・下川希世が参加いたしました。
場所は、あさぎり中学校、総勢12名でチラシの配布および「おはようございます。薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」等の声掛けを行いました。
チラシについては全体(9ヶ所)で400枚の配布を行っています。

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン

平成30年3月30日(金)14:00~15:00

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

吉井地区軽スポーツセンターで行われたデイサロンにて、等泰三先生(薬剤師、元熊本大学教授、医学博士)が講演を行いました。(参加者数約40名)
テーマは「認知症にならない生活習慣」。認知症は早ければ40代から発症するが、適切な生活習慣で予防することができる。その中でも脳を使うことが最も効果的で、①人と話をする②手先を使う作業をする③読書をすることが肝要だ。 また、社会的地位がある男性が退職後、認知症になりやすく、注意が必要。日ごろから隣近所と親しくお付き合いすることが大事。 また、現在も継続して行っている日本赤十字社での電話健康相談で多いのが、不眠と頭痛。これも社会から孤立していることが原因の一つで、地域社会とつながることが認知症予防や健康維持にかかせない。
最後の質問コーナーでは、大幅に時間を延長して熱心な質疑応答が繰り返されました。参加者のテーマへの関心の深さがうかがえる講演会でした。

第64回人吉駅伝

平成29年12月10日(日)10:00~12:00

第64回人吉駅伝写真

人吉地区法人会の依頼によりe-Taxを推進する関係団体と人吉税務署で構成するチームで、「e-Tax.A」「e-Tax.B」2チームで、第64回人吉駅伝に参加しました。清風薬局は「e-Tax.B」チームで参加し、無事に完走することが出来ました。(92位/94チーム中)
※e-Taxとはインターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。

第45回熊本県薬剤師会学術大会

平成29年11月19日(日)9:00~14:00

第45回熊本県薬剤師会学術大会

熊本県薬剤師会館にて清風薬局社長 白石貴裕が、「セルフメディケーション税制創設に伴う明細・領収書発行の取り組み」についてのポスター発表を行いました。
内容は平成29年10月8日(日)、9日(月・祝)東京国際フォーラムで行われた「第50回日本薬剤師会学術大会」で発表したものと同じです。

市民公開講座「人吉・球磨の薬用植物を用いて健康に」

平成29年11月18日(土)15:00~16:30

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

熊本有用植物研究所所長(元熊本大学薬学部付属薬用資源エコフロンティアセンター長)矢原正治先生をお招きし、あさぎり町ポッポー館にて市民公開講座「人吉・球磨の薬用植物を用いて健康に」の講演を行いました。
あさぎり町植物愛好会の皆さんをはじめとする、予想を大きく超える125名もの方々に参加していただき、大盛況のうちに終了いたしました。矢原先生には、地元の薬用植物について美しい写真を交えてわかりやすく説明していただき、同会場ではあさぎり町と株式会社ツムラが栽培・収穫に協力しているミシマサイコ(漢方薬の原料)のパネル展示も行いました。
私たちは人吉・球磨の豊かな自然と共生し、自治体や行政と連携しながら地域の方々の健やかな生活を支援できればと考えています。

がん教育講演会

平成29年11月2日(木)14:15~15:00

がん教育講演会写真1

がん教育講演会写真2

がん教育講演会写真3

あさぎり町立免田小学校で学校薬剤師・清風薬局社長 白石貴裕が「がん教育」講演会を行いました(6年生60名対象)。
この講演会は薬・健康の専門家である薬剤師が、国民の2人に1人がかかる「がん」という病気を正しく理解し、自身の健康と命の大切さを学ぼうと今年から開始した新たな取り組みです。「がん」は細胞の遺伝子の病気であり遺伝病ではないこと、生活習慣を正しくすればある程度予防できること、早期発見するために検診が大事であること等を動画を交えながら楽しく勉強しました。
12月には同校で「薬物乱用防止教室」講演会を予定しており、「タバコ」、「お酒」がどのような「がん」の発生に影響しているのかをより詳しく勉強する予定です。

あさぎり町福祉まつり

平成29年10月15日(日)9:30~15:00

あさぎり町福祉まつり写真1

あさぎり町福祉まつり写真2

あさぎり町福祉まつり写真3

あさぎり町福祉まつり写真4

「あさぎり町福祉まつり(来場者数約350名)」に清風薬局および清風ハートピアが参加しました。
清風薬局、清風ハートピアそれぞれがブースを作り、清風薬局のブースでは薬局の薬剤師が「お薬、健康の相談対応」を行い7名が相談に来られました。清風ハートピアのブースでは福祉用具専門相談員が「福祉用具の相談対応。あゆみNAVIによる足型の無料測定」を行いました。終了までの間、約30名(あゆみNAVI(10名))の方が来られています。
実際に受けた相談の内容についてですが、お薬相談ブースでは「血圧についての質問」、福祉用具相談ブースでは「介護ベッド、歩行具、介護シューズの質問」等があり、それぞれ担当者が回答を行っています。
今後も清風薬局、清風ハートピアともに皆様の一助になれるようにがんばります。
<参加した薬剤師>
・清風薬局多良木店  白石貴裕
・清風薬局多良木店  福永雅史
・清風薬局多良木店  下川希世
・清風薬局人吉店   岡田幸二
・清風薬局免田店   下川隆志
・清風はなみずき薬局 山下尚子

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会

平成29年10月4日(水)8:30~10:45

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会写真1

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会写真2

あさぎり町総合グラウンドにて「第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会」を開催いたしました。
今回は3年ぶりと久しぶりの開催となりました。82名の方が参加され、スポーツ日和の天気のもと和気あいあいとした雰囲気で楽しんでおられました。
今後も「運動による健康増進」「地域交流」を目的に、このような活動を継続していければと考えています。

薬用植物観察会

平成29年9月1日(日)14:00~17:00

薬用植物観察会写真1

薬用植物観察会写真2

薬用植物観察会写真3

熊本有用植物研究所所長(元熊本大学薬学部付属薬用資源エコフロンティアセンター長)矢原正治先生をお迎えして、あさぎり町大塚官山周辺であさぎり町植物愛好会の方々と薬用植物観察会を行いました。
当日は30℃を超える暑さだったにも係わらず、散策した華文(かずん)の滝周辺は22℃と過ごしやすい気温でした。
お目当てのトチバニンジンは雨に流されて見つけることはできませんでしたが、シシモドシ等、地元で名前を知られているたくさんの薬用植物を観察することができました。
下山後、自宅で薬用植物を栽培している方のお宅を訪問し、自家製のシソジュースをいただいて帰路につきました。
矢原正治先生の市民公開講座は平成29年11月18日(土)午後3時よりあさぎり町ポッポー館で開催します。
詳細は後日、ホームページ等で発表します。

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン

平成29年7月1日(土)13:00~14:00

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真1

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真2

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真3

イオン錦店、サンロードシティ店、スーパーセンターニシムタ人吉店で行われた、人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーンに弊社の薬剤師が参加しました。
高校生の参加者と共に薬物乱用防止についてのチラシやポケットティッシュの配布、募金のお願い等を行いました。(30名程度の方に配布いたしました。)
今後もこういった健康についての啓発を続けて行きたいと考えています。
<参加した薬剤師>
・清風薬局多良木店     園田恵菜
・清風薬局人吉店      岡田幸二
・清風薬局免田店      下川隆志
・清風薬局サンロード免田店 野田千里
・清風薬局サンロード湯前店 筑紫 聡
・清風えびす薬局      山下 力

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン

平成29年6月2日(金)13:00~13:45

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

吉井地区軽スポーツセンターで行われたデイサロンにて、清風薬局社長 白石貴裕が講演を行いました。(参加者数14名)
平成29年1月より始まった「セルフメディケーション税制」について、「セルフメディケーション」となにか、何故のこのような制度が作られたのか、「セルフメディケーション税制」対象の商品等について説明させて頂きました。
「セルフメディケーション税制」について、本講演で初めて知ったという方が殆どで、まだまだ一般に周知されていないと感じました。ただ、この税制を知ってからは皆様興味深く話を聴かれており、医療費に関する興味の高さを感じました。
清風薬局は「セルフメディケーション税制」に関する取組を推進しております。医療に関する税制等知りたい方は、お気軽にお近くの清風薬局までご連絡ください。

下青井町内会館 デイサロン

平成29年3月20日(月)13:00~13:40

下青井町内会館 デイサロン写真1

下青井町内会館 デイサロン写真2

下青井町内会館 デイサロン写真3

下青井町内会館で行われたデイサロンにて、清風はなみずき薬局の薬剤師 山下尚子が講演を行いました。(参加者数17名)
講演内容は「薬との上手なつきあい方」として、健康を維持していくための大切なことを初め、薬の飲み忘れを防ぐ方法や、飲みにくい薬を飲みやすくする方法などご説明させて頂きました。
公演後、参加された皆様より多くの質問をいただきました。今もらっている薬はずっと飲み続けなくてはいけないのか、もらった薬が体にあわなかった時にこういった対処を行ったが良かったのか、といった今飲んでいる薬についての質問が多かったと様に感じます。
お薬や健康についての疑問がある場合、かかりつけの薬局またはお近くの清風薬局まで是非ご連絡ください。

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」

平成28年11月19日(土)15:00~16:30

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真1

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真2

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真3

九州保健福祉大学薬学部教授 本屋敏郎先生をお招きし、あさぎり町ポッポー館にて市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」の講演を行っていだきました。
当日は、悪天候の中45名の方が参加されました。人吉から来られた方もおられ、皆様の健康への関心と高さが伺えました。
本屋先生からどういった症状にはどういったお薬が良いかといった話や、弊社と共同研究を行った頭痛薬の有用性調査についての結果についての話をして頂きました。本屋先生とは今後も抗アレルギー薬の有用性について共同研究を行っていきます。
清風薬局は、セルフメディケーションの推進に尽力していきたいと思います。ご理解およびご協力の方何卒よろしくお願いします。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年11月18日(金)17:30~18:30

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

公立多良木病院2階講堂にて清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
発表内容は、10月に行われた「第49回日本薬剤師会学術大会」で行ったものと同じものです。
シルバーエイトのスタッフ、公立多良木病院の医師、看護師、介護員、管理職等、総勢22名の方が参加されました。
同様の講演をこれまで数回行いましたが、その中でも一番の反響でした。
公演終了後には、参加者から「とても勉強になりました。」とのお言葉をいただいております。

球磨郡医師会の健康教室

平成28年11月2日(水)19:30~21:00

球磨郡医師会の健康教室写真1

球磨郡医師会の健康教室写真2

球磨郡医師会の健康教室写真3

球磨郡医師会館で行われた「健康教室(来場者数約30名)」にて、清風えびす薬局の薬剤師 山下力が講演を行いました。
本教室は2部に別れており、1部(19:30~20:15)を岩井クリニック 岩井先生が、2部(20:15~21:00)を弊社薬剤師山下が担当しました。
一般の方ではあまり馴染みのない、薬剤師の業務について話をさせて頂きました。(店舗内での調剤、在宅訪問、かかりつけ薬局等)
遅い時間にもかかわらず、多くの人が参加されており、皆様の健康に対する意識がとても高いことを感じました。
今後も皆様の健康の一助になるよう努めていきたいと思います。

あさぎり町福祉まつり

平成28年10月16日(日)9:00~15:00

あさぎり町福祉まつり写真1

あさぎり町福祉まつり写真2

あさぎり町福祉まつり写真3

「あさぎり町福祉まつり(来場者数約300名)」に人吉球磨薬剤師会および清風ハートピアが参加しました。
人吉球磨薬剤師会、清風ハートピアそれぞれがブースを作り、人吉球磨薬剤師会のブースでは清風薬局の薬剤師が「お薬、健康の相談対応」を行い、清風ハートピアのブースでは福祉用具専門相談員が「福祉用具レンタル、特定福祉用具購入についての紹介、相談対応」を行いました。終了までの間、約30名の方が来られています。
実際に受けた相談の内容についてですが、お薬相談ブースでは「血圧についての質問」、福祉用具相談ブースでは「介護ベッド、歩行具の質問」等があり、それぞれ担当者が回答を行っています。
今後も人吉球磨薬剤師会、清風ハートピアともに皆様の一助になれるようにがんばります。

とっておきの音楽祭inひとよし

平成28年10月16日(日)10:00~15:00

とっておきの音楽祭inひとよし写真1

とっておきの音楽祭inひとよし写真2

とっておきの音楽祭inひとよし写真3

「とっておきの音楽祭inひとよし(来場者数約1,000名)」のお薬相談ブース(人吉球磨薬剤師会主催:堤病院九日町診療所駐車場設置)にて清風はなみずき薬局の薬剤師 山下尚子がお薬および健康に関する相談対応を行いました。
(山下参加時間10:00~11:00)
前日の雨の影響によりお薬相談ブースの中止も危ぶまれましたが当日は晴れ間も見え無事参加することが出来ました。
「ジェネリック医薬品の説明」、「おくすり手帳の有用性」等説明をさせて頂きました。終了までの間、約10名の方が来られています。不安な面持ちで相談に来られた方も、相談終了時に笑顔を見せておられました。
今後も皆様の健康のお手伝いができれば幸いです。

老神神社会館 デイサロン

平成28年9月1日(木)12:45~13:30

老神神社会館 デイサロン写真1

老神神社会館 デイサロン写真2

老神神社会館 デイサロン写真3

老神神社(おいがみじんじゃ)会館で行われたデイサロンにて、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
講演内容は「薬の疑問にお答えします」として、薬の服用に関するよくある質問をQ&A形式で説明させていただきました。(どういった経路でお薬は体に運ばれるか、また、薬によって飲む時間が変わる理由等)
参加された皆様は、興味深く聴かれており、現在自分が飲んでいるお薬のことが気になるのか講演中、講演後多くの質問を頂きました。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年8月2日(火)17:30~18:20

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

あさぎり町役場二階会議室(東側)にて、清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
発表内容は、本年6月15日(水)に「介護老人保健施設タンポポ」および「介護老人保健施設サンライフみのり」で行ったものと同じものです。(詳細についてはそちらをご参照下さい。
また、あわせて薬物乱用についての話もさせて頂きました。今回も多くの質問を頂きました。
今後もこのような機会があれば、是非とも参加したいと考えています。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年6月15日(水)

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真4

下記施設にて清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
■発表施設  ・介護老人保健施設タンポポ 2階会議室(12:00~12:30)
・介護老人保健施設サンライフみのり 講堂(18:30~19:00)
この取り組みは、弊社と「社会福祉法人 ペートル会 介護老人保健施設 サンライフみのり」と共同で行ったものです。
入所者様の処方箋について、入所開始日(記載のある最も古い処方情報)から調査日(2月下旬)の間にどれだけの薬剤数および薬剤料が削減されたかを中心に発表いたしました。
調査結果として、平均約3ヶ月の期間に20%の薬剤料削減が行われています。他に、入所者様の入所情報(平均年齢や平均入所期間)を出し、併せて発表しています。発表終了後には多くの質問があり、施設のスタッフの方の興味の高さを実感いたしました。
清風薬局では今後も長期漫然投薬等、療養に必要のない薬剤を削減し、医薬品の適正使用に尽力していく所存でございます。

チャリティーもちつき大会

●日時/平成27年12月21日 10時~13時  ●場所/清風薬局多良木店駐車場

チャリティーもちつき大会写真1

チャリティーもちつき大会写真2

チャリティーもちつき大会写真3

4年ぶりにチャリティーもちつき大会を開催いたしました。
午前中はあいにくの雨でしたが、徐々に晴れ間も見え、最終的には多くの皆様に来ていただくことが出来ました。
今回、もちつきの経験のある社員があまりおらず、大会の開催にあたり地域の方を含め多くの方に支援をいただきました。
今後も地域の皆様とのつながりを大切にしていきたいと考えております。
※もちつき大会で得られた収益は、年明けに地元の福祉施設へ全額寄付いたします。

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座

平成27年10月18日(日)10:30~11:30

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真1

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真2

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真3

人吉医療センター3階講堂にて、人吉医療センターフェスティバルVol.7市民公開講座が開催され、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
講演内容は、「安心・効果的なおくすりの使い方」であり、薬剤師がどのように薬の安全を守っているのかをお話させていただきました。講演終了後には、質問コーナーもあり市民の方々から様々な質問、要望、感謝の言葉などもあり、市民の皆さんも興味深く聞かれていたようです。

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演

平成27年7月26日(日)

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真1

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真2

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真3

熊本県薬剤師会館 多目的大ホールで第5回病診・薬局セミナーが開催され当社、人吉店管理薬剤師の岡田幸二が「検査値添付における薬局薬剤師の疑義照会への影響」の演題で発表しました。
当日は台風12号が接近する中、処方せんに検査値を添付する病院が増加していると言う社会背景もあり、県下一円より多数の薬剤師が参加しました。聴講者との活発な質疑の後、グループに分かれてデスカッションを行い、薬剤師による検査値の評価が、医療の質の向上に貢献できるよう努力する旨、皆さん決意してセミナーは終了しました。

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座

平成26年11月30日(日)10:30~12:30

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真1

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真2

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真3

人吉医療センター3階講堂にて、人吉 医療センターフェスティバルVol.7市民公開講座が開催され、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
第一部では、人吉医療センター西村卓祐先生による「がん治療と緩和医療」につ いての講演があり、第二部の地域の社会資源紹介では訪問看護(人吉医療センター 橋詰和子様)在宅リハビリ(人吉医療センター 塚島靖博様)居宅介護支援事業(ニチイケアセンターにしき 尾方洋子様)福祉用具(ハッピーライフ 岩本哲二郎様) などの講演に続き岡田幸二が服薬管理在宅支援サービスについて講演を行いました。
体が不自由などで処方されたお薬を取りに行けない患者様のご自宅を薬剤師が定期的にお薬を持って訪問し、お薬の説明をしたり、残薬整理、飲み忘れを防ぐ方法など安心して安全にお薬を服用していただけるようサポートいたします。
講演終了後には、質問コーナーもあり市民の方々から様々な質問、要望、感謝の言葉などもあり、市民の皆さんも興味深く聞かれていたようです。

第8回在宅医療症例検討会

第8回在宅医療症例検討会写真1

第8回在宅医療症例検討会写真2

第8回在宅医療症例検討会写真3

第8回在宅医療症例検討会で多良木店の管理薬剤師、福永雅史が再び講演を行いました。
平成26年5月26日(月)、公立多良木病院講堂で第8回在宅医療症例検討会が開催されました。
公立多良木病院、そのだ医院訪問看部等の訪問看護師が参加し、第一部、緩和認定看護師 渕田ルミ氏より「緩和ケア」についての講演があり、第二部で多良木店管理薬剤師、福永雅史が「嚥下ゼリー、簡易懸濁法」について、実験を交えながら講演しました。
参加者の皆さんは実際の嚥下ゼリーを服用してみたり、お湯に錠剤を溶かしてみたりしながら、嚥下能力の落ちた高齢者にいかに安全にお薬を服用していただくか、熱心に検討していました。
なお、皆さんより要望があった嚥下ゼリーのサンプルは後日お届けする予定です。

第2回在宅医療症例検討会

第2回在宅医療症例検討会写真1

第2回在宅医療症例検討会写真2

第2回在宅医療症例検討会写真3

第2回在宅医療症例検討会で多良木店の管理薬剤師、福永雅史が講演を行いました。
平成25年11月27日(水)、公立多良木病院講堂で第2回在宅医療症例検討会が開催されました。
公立多良木病院、球磨郡医師会訪問看護ステーション、訪問看護ステーションあさぎりの訪問看護師が参加し、多良木店管理薬剤師、福永雅史が訪問薬剤管理指導について、実際に行っている業務を中心に講演しました。
参加者からも活発な意見や質問があいついで、自宅で療養する患者さんを地域で支援していく体制の構築について、白熱した議論が繰り広げられました。

チャリティーもちつき大会

●日時/平成23年12月28日 10時~14時  ●場所/清風薬局多良木店駐車場

チャリティーもちつき大会写真1

チャリティーもちつき大会写真2

チャリティーもちつき大会写真3

伝統行事を通じて地域の方々と交流を深めることを目的とした、チャリティーもちつき大会を行いました。
お問い合わせ頂くほどの美味しいもち米は、あさぎり町岡原の生産者の方から直接購入しましたもち米です。
さらに、いろいろな方々にお手伝い頂いたおかげで、無事開催することが出来ました。
最初のこねが餅の出来を左右することも教わり、〝何事も最初が肝要〟であると改めて気付かされ、新年に向け気持ちの引き締まる思いです。
今後も地域の皆様のお声を元に、尽力してまいります。

清風薬局研修センター開所記念

○白井のり子氏講演会「典子44歳 いま、伝えたい」 講師/白石のり子氏

○オカリナ演奏/としろう 氏

●日時/平成18年7月1日 16時00分    ●場所/清風薬局研修センター

清風薬局研修センター開所記念写真1

清風薬局研修センター開所記念写真2

研修センターは熊本県薬剤師会から譲り受けたもので木造のログハウスです。
松山善三監督の映画『典子は、今』の白井のり子さんをお呼びしての研修センター開所記念講演。
温かみのある室内の中で白井のり子さんの前向きで感動的なお話と、ログハウスに響き渡る、としろうさんのオカリナの演奏で皆さんの心に残るすばらしい講演会となりました。

ミャンマーの風/チャリティーコンサート

○平和を…「想像と創造」/永山友美子の平和のメッセージ

○ビルマからの便り/石塚まみライブ&ギャラリー

ミャンマーの風/チャリティーコンサート写真1

ミャンマーの風/チャリティーコンサート写真2

日時/平成16年5月23日 13時30分
場所/人吉カルチャーパレス
主催/株式会社ユネット清風薬局
後援/ひとよし森のホール・人吉新聞社
協賛/白いキャンバス・クレヨンの森・
カムワークたんぽぽ
第1部はハープ奏者の永山友美子さんによる「ビルマの竪琴・アイリッシュハープ」の演奏、第2部は祖父が戦時中妻と娘に送った絵手紙からインスピレーションを受け作曲活動をしている石塚まみさん達によるライブ。すばらしい演奏と盛り上がりで多くの人たちに感動を与えたコンサートでした。このチケットの売り上げによる収入は協賛の白いキャンバス・クレヨンの森・カムワークたんぽぽの3施設に全額寄付しました。

清風薬局10周年記念/永六輔氏講演会

「大往生と人生」 講師/永六輔 氏

清風薬局10周年記念/永六輔氏講演会写真

●日時/平成13年1月29日 6時30分
●場所/須恵村文化ホール
●協賛/人吉新聞社、クレヨンの森
絶妙なトークで会場を沸かせた永先生の講演 会に近隣の市町村からも多くの皆さんにおいで 頂きました。最後は永先生自ら募金活動に参加されるなど充実したイベントとなりました。

清風薬局10周年記念/有森裕子氏講演会

「よろこびを力に・・・」講師/有森裕子 氏

清風薬局10周年記念/有森裕子氏講演会写真

●日時/平成13年3月15日 6時30分
●場所/人吉カルチャーパレス
●共催/地域ケアを考える会
●協賛/人吉新聞社、クレヨンの森
オリンピックメダリストである有森氏の講演では熱心に聞き入っていらっしゃる観客の皆さんの熱い眼差しが印象的。沢山の勇気と感動をいただいた心に残る講演会でした。

清風薬局グランドゴルフ大会

「第2回清風薬局免田町グランドゴルフ大会」

清風薬局グランドゴルフ大会写真

●開催日/平成13年10月24日
免田町スポーツグランドで開催された大会に125名の皆さんが参加されました。


吉井地区軽スポーツセンター デイサロン

平成30年3月30日(金)14:00~15:00

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

吉井地区軽スポーツセンターで行われたデイサロンにて、等泰三先生(薬剤師、元熊本大学教授、医学博士)が講演を行いました。(参加者数約40名)
テーマは「認知症にならない生活習慣」。認知症は早ければ40代から発症するが、適切な生活習慣で予防することができる。その中でも脳を使うことが最も効果的で、①人と話をする②手先を使う作業をする③読書をすることが肝要だ。 また、社会的地位がある男性が退職後、認知症になりやすく、注意が必要。日ごろから隣近所と親しくお付き合いすることが大事。 また、現在も継続して行っている日本赤十字社での電話健康相談で多いのが、不眠と頭痛。これも社会から孤立していることが原因の一つで、地域社会とつながることが認知症予防や健康維持にかかせない。
最後の質問コーナーでは、大幅に時間を延長して熱心な質疑応答が繰り返されました。参加者のテーマへの関心の深さがうかがえる講演会でした。

第64回人吉駅伝

平成29年12月10日(日)10:00~12:00

第64回人吉駅伝写真

人吉地区法人会の依頼によりe-Taxを推進する関係団体と人吉税務署で構成するチームで、「e-Tax.A」「e-Tax.B」2チームで、第64回人吉駅伝に参加しました。清風薬局は「e-Tax.B」チームで参加し、無事に完走することが出来ました。(92位/94チーム中)
※e-Taxとはインターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができるシステムです。

第45回熊本県薬剤師会学術大会

平成29年11月19日(日)9:00~14:00

第45回熊本県薬剤師会学術大会

熊本県薬剤師会館にて清風薬局社長 白石貴裕が、「セルフメディケーション税制創設に伴う明細・領収書発行の取り組み」についてのポスター発表を行いました。
内容は平成29年10月8日(日)、9日(月・祝)東京国際フォーラムで行われた「第50回日本薬剤師会学術大会」で発表したものと同じです。

市民公開講座「人吉・球磨の薬用植物を用いて健康に」

平成29年11月18日(土)15:00~16:30

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

熊本有用植物研究所所長(元熊本大学薬学部付属薬用資源エコフロンティアセンター長)矢原正治先生をお招きし、あさぎり町ポッポー館にて市民公開講座「人吉・球磨の薬用植物を用いて健康に」の講演を行いました。
あさぎり町植物愛好会の皆さんをはじめとする、予想を大きく超える125名もの方々に参加していただき、大盛況のうちに終了いたしました。矢原先生には、地元の薬用植物について美しい写真を交えてわかりやすく説明していただき、同会場ではあさぎり町と株式会社ツムラが栽培・収穫に協力しているミシマサイコ(漢方薬の原料)のパネル展示も行いました。
私たちは人吉・球磨の豊かな自然と共生し、自治体や行政と連携しながら地域の方々の健やかな生活を支援できればと考えています。

がん教育講演会

平成29年11月2日(木)14:15~15:00

がん教育講演会写真1

がん教育講演会写真2

がん教育講演会写真3

あさぎり町立免田小学校で学校薬剤師・清風薬局社長 白石貴裕が「がん教育」講演会を行いました(6年生60名対象)。
この講演会は薬・健康の専門家である薬剤師が、国民の2人に1人がかかる「がん」という病気を正しく理解し、自身の健康と命の大切さを学ぼうと今年から開始した新たな取り組みです。「がん」は細胞の遺伝子の病気であり遺伝病ではないこと、生活習慣を正しくすればある程度予防できること、早期発見するために検診が大事であること等を動画を交えながら楽しく勉強しました。
12月には同校で「薬物乱用防止教室」講演会を予定しており、「タバコ」、「お酒」がどのような「がん」の発生に影響しているのかをより詳しく勉強する予定です。

あさぎり町福祉まつり

平成29年10月15日(日)9:30~15:00

あさぎり町福祉まつり写真1

あさぎり町福祉まつり写真2

あさぎり町福祉まつり写真3

あさぎり町福祉まつり写真4

「あさぎり町福祉まつり(来場者数約350名)」に清風薬局および清風ハートピアが参加しました。
清風薬局、清風ハートピアそれぞれがブースを作り、清風薬局のブースでは薬局の薬剤師が「お薬、健康の相談対応」を行い7名が相談に来られました。清風ハートピアのブースでは福祉用具専門相談員が「福祉用具の相談対応。あゆみNAVIによる足型の無料測定」を行いました。終了までの間、約30名(あゆみNAVI(10名))の方が来られています。
実際に受けた相談の内容についてですが、お薬相談ブースでは「血圧についての質問」、福祉用具相談ブースでは「介護ベッド、歩行具、介護シューズの質問」等があり、それぞれ担当者が回答を行っています。
今後も清風薬局、清風ハートピアともに皆様の一助になれるようにがんばります。
<参加した薬剤師>
・清風薬局多良木店  白石貴裕
・清風薬局多良木店  福永雅史
・清風薬局多良木店  下川希世
・清風薬局人吉店   岡田幸二
・清風薬局免田店   下川隆志
・清風はなみずき薬局 山下尚子

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会

平成29年10月4日(水)8:30~10:45

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会写真1

第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会写真2

あさぎり町総合グラウンドにて「第15回 清風薬局杯グランドゴルフ大会」を開催いたしました。
今回は3年ぶりと久しぶりの開催となりました。82名の方が参加され、スポーツ日和の天気のもと和気あいあいとした雰囲気で楽しんでおられました。
今後も「運動による健康増進」「地域交流」を目的に、このような活動を継続していければと考えています。

薬用植物観察会

平成29年9月1日(日)14:00~17:00

薬用植物観察会写真1

薬用植物観察会写真2

薬用植物観察会写真3

熊本有用植物研究所所長(元熊本大学薬学部付属薬用資源エコフロンティアセンター長)矢原正治先生をお迎えして、あさぎり町大塚官山周辺であさぎり町植物愛好会の方々と薬用植物観察会を行いました。
当日は30℃を超える暑さだったにも係わらず、散策した華文(かずん)の滝周辺は22℃と過ごしやすい気温でした。
お目当てのトチバニンジンは雨に流されて見つけることはできませんでしたが、シシモドシ等、地元で名前を知られているたくさんの薬用植物を観察することができました。
下山後、自宅で薬用植物を栽培している方のお宅を訪問し、自家製のシソジュースをいただいて帰路につきました。
矢原正治先生の市民公開講座は平成29年11月18日(土)午後3時よりあさぎり町ポッポー館で開催します。
詳細は後日、ホームページ等で発表します。

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン

平成29年7月1日(土)13:00~14:00

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真1

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真2

人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーン写真3

イオン錦店、サンロードシティ店、スーパーセンターニシムタ人吉店で行われた、人吉球磨地区ヤング街頭キャンペーンに弊社の薬剤師が参加しました。
高校生の参加者と共に薬物乱用防止についてのチラシやポケットティッシュの配布、募金のお願い等を行いました。(30名程度の方に配布いたしました。)
今後もこういった健康についての啓発を続けて行きたいと考えています。
<参加した薬剤師>
・清風薬局多良木店     園田恵菜
・清風薬局人吉店      岡田幸二
・清風薬局免田店      下川隆志
・清風薬局サンロード免田店 野田千里
・清風薬局サンロード湯前店 筑紫 聡
・清風えびす薬局      山下 力

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン

平成29年6月2日(金)13:00~13:45

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真1

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真2

吉井地区軽スポーツセンター デイサロン写真3

吉井地区軽スポーツセンターで行われたデイサロンにて、清風薬局社長 白石貴裕が講演を行いました。(参加者数14名)
平成29年1月より始まった「セルフメディケーション税制」について、「セルフメディケーション」となにか、何故のこのような制度が作られたのか、「セルフメディケーション税制」対象の商品等について説明させて頂きました。
「セルフメディケーション税制」について、本講演で初めて知ったという方が殆どで、まだまだ一般に周知されていないと感じました。ただ、この税制を知ってからは皆様興味深く話を聴かれており、医療費に関する興味の高さを感じました。
清風薬局は「セルフメディケーション税制」に関する取組を推進しております。医療に関する税制等知りたい方は、お気軽にお近くの清風薬局までご連絡ください。

下青井町内会館 デイサロン

平成29年3月20日(月)13:00~13:40

下青井町内会館 デイサロン写真1

下青井町内会館 デイサロン写真2

下青井町内会館 デイサロン写真3

下青井町内会館で行われたデイサロンにて、清風はなみずき薬局の薬剤師 山下尚子が講演を行いました。(参加者数17名)
講演内容は「薬との上手なつきあい方」として、健康を維持していくための大切なことを初め、薬の飲み忘れを防ぐ方法や、飲みにくい薬を飲みやすくする方法などご説明させて頂きました。
公演後、参加された皆様より多くの質問をいただきました。今もらっている薬はずっと飲み続けなくてはいけないのか、もらった薬が体にあわなかった時にこういった対処を行ったが良かったのか、といった今飲んでいる薬についての質問が多かったと様に感じます。
お薬や健康についての疑問がある場合、かかりつけの薬局またはお近くの清風薬局まで是非ご連絡ください。

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」

平成28年11月19日(土)15:00~16:30

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真1

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真2

市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」写真3

九州保健福祉大学薬学部教授 本屋敏郎先生をお招きし、あさぎり町ポッポー館にて市民公開講座「市販薬を上手に用いた健康づくり」の講演を行っていだきました。
当日は、悪天候の中45名の方が参加されました。人吉から来られた方もおられ、皆様の健康への関心と高さが伺えました。
本屋先生からどういった症状にはどういったお薬が良いかといった話や、弊社と共同研究を行った頭痛薬の有用性調査についての結果についての話をして頂きました。本屋先生とは今後も抗アレルギー薬の有用性について共同研究を行っていきます。
清風薬局は、セルフメディケーションの推進に尽力していきたいと思います。ご理解およびご協力の方何卒よろしくお願いします。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年11月18日(金)17:30~18:30

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

公立多良木病院2階講堂にて清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
発表内容は、10月に行われた「第49回日本薬剤師会学術大会」で行ったものと同じものです。
シルバーエイトのスタッフ、公立多良木病院の医師、看護師、介護員、管理職等、総勢22名の方が参加されました。
同様の講演をこれまで数回行いましたが、その中でも一番の反響でした。
公演終了後には、参加者から「とても勉強になりました。」とのお言葉をいただいております。

球磨郡医師会の健康教室

平成28年11月2日(水)19:30~21:00

球磨郡医師会の健康教室写真1

球磨郡医師会の健康教室写真2

球磨郡医師会の健康教室写真3

球磨郡医師会館で行われた「健康教室(来場者数約30名)」にて、清風えびす薬局の薬剤師 山下力が講演を行いました。
本教室は2部に別れており、1部(19:30~20:15)を岩井クリニック 岩井先生が、2部(20:15~21:00)を弊社薬剤師山下が担当しました。
一般の方ではあまり馴染みのない、薬剤師の業務について話をさせて頂きました。(店舗内での調剤、在宅訪問、かかりつけ薬局等)
遅い時間にもかかわらず、多くの人が参加されており、皆様の健康に対する意識がとても高いことを感じました。
今後も皆様の健康の一助になるよう努めていきたいと思います。

あさぎり町福祉まつり

平成28年10月16日(日)9:00~15:00

あさぎり町福祉まつり写真1

あさぎり町福祉まつり写真2

あさぎり町福祉まつり写真3

「あさぎり町福祉まつり(来場者数約300名)」に人吉球磨薬剤師会および清風ハートピアが参加しました。
人吉球磨薬剤師会、清風ハートピアそれぞれがブースを作り、人吉球磨薬剤師会のブースでは清風薬局の薬剤師が「お薬、健康の相談対応」を行い、清風ハートピアのブースでは福祉用具専門相談員が「福祉用具レンタル、特定福祉用具購入についての紹介、相談対応」を行いました。終了までの間、約30名の方が来られています。
実際に受けた相談の内容についてですが、お薬相談ブースでは「血圧についての質問」、福祉用具相談ブースでは「介護ベッド、歩行具の質問」等があり、それぞれ担当者が回答を行っています。
今後も人吉球磨薬剤師会、清風ハートピアともに皆様の一助になれるようにがんばります。

とっておきの音楽祭inひとよし

平成28年10月16日(日)10:00~15:00

とっておきの音楽祭inひとよし写真1

とっておきの音楽祭inひとよし写真2

とっておきの音楽祭inひとよし写真3

「とっておきの音楽祭inひとよし(来場者数約1,000名)」のお薬相談ブース(人吉球磨薬剤師会主催:堤病院九日町診療所駐車場設置)にて清風はなみずき薬局の薬剤師 山下尚子がお薬および健康に関する相談対応を行いました。
(山下参加時間10:00~11:00)
前日の雨の影響によりお薬相談ブースの中止も危ぶまれましたが当日は晴れ間も見え無事参加することが出来ました。
「ジェネリック医薬品の説明」、「おくすり手帳の有用性」等説明をさせて頂きました。終了までの間、約10名の方が来られています。不安な面持ちで相談に来られた方も、相談終了時に笑顔を見せておられました。
今後も皆様の健康のお手伝いができれば幸いです。

老神神社会館 デイサロン

平成28年9月1日(木)12:45~13:30

老神神社会館 デイサロン写真1

老神神社会館 デイサロン写真2

老神神社会館 デイサロン写真3

老神神社(おいがみじんじゃ)会館で行われたデイサロンにて、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
講演内容は「薬の疑問にお答えします」として、薬の服用に関するよくある質問をQ&A形式で説明させていただきました。(どういった経路でお薬は体に運ばれるか、また、薬によって飲む時間が変わる理由等)
参加された皆様は、興味深く聴かれており、現在自分が飲んでいるお薬のことが気になるのか講演中、講演後多くの質問を頂きました。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年8月2日(火)17:30~18:20

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

あさぎり町役場二階会議室(東側)にて、清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
発表内容は、本年6月15日(水)に「介護老人保健施設タンポポ」および「介護老人保健施設サンライフみのり」で行ったものと同じものです。(詳細についてはそちらをご参照下さい。
また、あわせて薬物乱用についての話もさせて頂きました。今回も多くの質問を頂きました。
今後もこのような機会があれば、是非とも参加したいと考えています。

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた
介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表

平成28年6月15日(水)

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真1

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真2

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真3

「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表写真4

下記施設にて清風薬局社長 白石貴裕が「「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」に基いた介護老人保健施設における薬剤削減の取り組み」についての発表を行いました。
■発表施設  ・介護老人保健施設タンポポ 2階会議室(12:00~12:30)
・介護老人保健施設サンライフみのり 講堂(18:30~19:00)
この取り組みは、弊社と「社会福祉法人 ペートル会 介護老人保健施設 サンライフみのり」と共同で行ったものです。
入所者様の処方箋について、入所開始日(記載のある最も古い処方情報)から調査日(2月下旬)の間にどれだけの薬剤数および薬剤料が削減されたかを中心に発表いたしました。
調査結果として、平均約3ヶ月の期間に20%の薬剤料削減が行われています。他に、入所者様の入所情報(平均年齢や平均入所期間)を出し、併せて発表しています。発表終了後には多くの質問があり、施設のスタッフの方の興味の高さを実感いたしました。
清風薬局では今後も長期漫然投薬等、療養に必要のない薬剤を削減し、医薬品の適正使用に尽力していく所存でございます。

チャリティーもちつき大会

●日時/平成27年12月21日 10時~13時  ●場所/清風薬局多良木店駐車場

チャリティーもちつき大会写真1

チャリティーもちつき大会写真2

チャリティーもちつき大会写真3

4年ぶりにチャリティーもちつき大会を開催いたしました。
午前中はあいにくの雨でしたが、徐々に晴れ間も見え、最終的には多くの皆様に来ていただくことが出来ました。
今回、もちつきの経験のある社員があまりおらず、大会の開催にあたり地域の方を含め多くの方に支援をいただきました。
今後も地域の皆様とのつながりを大切にしていきたいと考えております。
※もちつき大会で得られた収益は、年明けに地元の福祉施設へ全額寄付いたします。

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座

平成27年10月18日(日)10:30~11:30

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真1

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真2

人吉医療センターフェスティバルVol.8 市民公開講座写真3

人吉医療センター3階講堂にて、人吉医療センターフェスティバルVol.7市民公開講座が開催され、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
講演内容は、「安心・効果的なおくすりの使い方」であり、薬剤師がどのように薬の安全を守っているのかをお話させていただきました。講演終了後には、質問コーナーもあり市民の方々から様々な質問、要望、感謝の言葉などもあり、市民の皆さんも興味深く聞かれていたようです。

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演

平成27年7月26日(日)

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真1

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真2

第5回病診・薬局連携セミナーでの講演写真3

熊本県薬剤師会館 多目的大ホールで第5回病診・薬局セミナーが開催され当社、人吉店管理薬剤師の岡田幸二が「検査値添付における薬局薬剤師の疑義照会への影響」の演題で発表しました。
当日は台風12号が接近する中、処方せんに検査値を添付する病院が増加していると言う社会背景もあり、県下一円より多数の薬剤師が参加しました。聴講者との活発な質疑の後、グループに分かれてデスカッションを行い、薬剤師による検査値の評価が、医療の質の向上に貢献できるよう努力する旨、皆さん決意してセミナーは終了しました。

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座

平成26年11月30日(日)10:30~12:30

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真1

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真2

人吉医療センターフェスティバルVol.7 市民公開講座写真3

人吉医療センター3階講堂にて、人吉 医療センターフェスティバルVol.7市民公開講座が開催され、人吉店の薬剤師 岡田幸二が講演を行いました。
第一部では、人吉医療センター西村卓祐先生による「がん治療と緩和医療」につ いての講演があり、第二部の地域の社会資源紹介では訪問看護(人吉医療センター 橋詰和子様)在宅リハビリ(人吉医療センター 塚島靖博様)居宅介護支援事業(ニチイケアセンターにしき 尾方洋子様)福祉用具(ハッピーライフ 岩本哲二郎様) などの講演に続き岡田幸二が服薬管理在宅支援サービスについて講演を行いました。
体が不自由などで処方されたお薬を取りに行けない患者様のご自宅を薬剤師が定期的にお薬を持って訪問し、お薬の説明をしたり、残薬整理、飲み忘れを防ぐ方法など安心して安全にお薬を服用していただけるようサポートいたします。
講演終了後には、質問コーナーもあり市民の方々から様々な質問、要望、感謝の言葉などもあり、市民の皆さんも興味深く聞かれていたようです。

第8回在宅医療症例検討会

第8回在宅医療症例検討会写真1

第8回在宅医療症例検討会写真2

第8回在宅医療症例検討会写真3

第8回在宅医療症例検討会で多良木店の管理薬剤師、福永雅史が再び講演を行いました。
平成26年5月26日(月)、公立多良木病院講堂で第8回在宅医療症例検討会が開催されました。
公立多良木病院、そのだ医院訪問看部等の訪問看護師が参加し、第一部、緩和認定看護師 渕田ルミ氏より「緩和ケア」についての講演があり、第二部で多良木店管理薬剤師、福永雅史が「嚥下ゼリー、簡易懸濁法」について、実験を交えながら講演しました。
参加者の皆さんは実際の嚥下ゼリーを服用してみたり、お湯に錠剤を溶かしてみたりしながら、嚥下能力の落ちた高齢者にいかに安全にお薬を服用していただくか、熱心に検討していました。
なお、皆さんより要望があった嚥下ゼリーのサンプルは後日お届けする予定です。

第2回在宅医療症例検討会

第2回在宅医療症例検討会写真1

第2回在宅医療症例検討会写真2

第2回在宅医療症例検討会写真3

第2回在宅医療症例検討会で多良木店の管理薬剤師、福永雅史が講演を行いました。
平成25年11月27日(水)、公立多良木病院講堂で第2回在宅医療症例検討会が開催されました。
公立多良木病院、球磨郡医師会訪問看護ステーション、訪問看護ステーションあさぎりの訪問看護師が参加し、多良木店管理薬剤師、福永雅史が訪問薬剤管理指導について、実際に行っている業務を中心に講演しました。
参加者からも活発な意見や質問があいついで、自宅で療養する患者さんを地域で支援していく体制の構築について、白熱した議論が繰り広げられました。

チャリティーもちつき大会

●日時/平成23年12月28日 10時~14時  ●場所/清風薬局多良木店駐車場

チャリティーもちつき大会写真1

チャリティーもちつき大会写真2

チャリティーもちつき大会写真3

伝統行事を通じて地域の方々と交流を深めることを目的とした、チャリティーもちつき大会を行いました。
お問い合わせ頂くほどの美味しいもち米は、あさぎり町岡原の生産者の方から直接購入しましたもち米です。
さらに、いろいろな方々にお手伝い頂いたおかげで、無事開催することが出来ました。
最初のこねが餅の出来を左右することも教わり、〝何事も最初が肝要〟であると改めて気付かされ、新年に向け気持ちの引き締まる思いです。
今後も地域の皆様のお声を元に、尽力してまいります。

清風薬局研修センター開所記念

○白井のり子氏講演会「典子44歳 いま、伝えたい」 講師/白石のり子氏

○オカリナ演奏/としろう 氏

●日時/平成18年7月1日 16時00分    ●場所/清風薬局研修センター

清風薬局研修センター開所記念写真1

清風薬局研修センター開所記念写真2

研修センターは熊本県薬剤師会から譲り受けたもので木造のログハウスです。
松山善三監督の映画『典子は、今』の白井のり子さんをお呼びしての研修センター開所記念講演。
温かみのある室内の中で白井のり子さんの前向きで感動的なお話と、ログハウスに響き渡る、としろうさんのオカリナの演奏で皆さんの心に残るすばらしい講演会となりました。

ミャンマーの風/チャリティーコンサート

○平和を…「想像と創造」/永山友美子の平和のメッセージ

○ビルマからの便り/石塚まみライブ&ギャラリー

ミャンマーの風/チャリティーコンサート写真1

ミャンマーの風/チャリティーコンサート写真2

日時/平成16年5月23日 13時30分
場所/人吉カルチャーパレス
主催/株式会社ユネット清風薬局
後援/ひとよし森のホール・人吉新聞社
協賛/白いキャンバス・クレヨンの森・
カムワークたんぽぽ
第1部はハープ奏者の永山友美子さんによる「ビルマの竪琴・アイリッシュハープ」の演奏、第2部は祖父が戦時中妻と娘に送った絵手紙からインスピレーションを受け作曲活動をしている石塚まみさん達によるライブ。すばらしい演奏と盛り上がりで多くの人たちに感動を与えたコンサートでした。このチケットの売り上げによる収入は協賛の白いキャンバス・クレヨンの森・カムワークたんぽぽの3施設に全額寄付しました。

清風薬局10周年記念/永六輔氏講演会

「大往生と人生」 講師/永六輔 氏

清風薬局10周年記念/永六輔氏講演会写真

●日時/平成13年1月29日 6時30分
●場所/須恵村文化ホール
●協賛/人吉新聞社、クレヨンの森
絶妙なトークで会場を沸かせた永先生の講演 会に近隣の市町村からも多くの皆さんにおいで 頂きました。最後は永先生自ら募金活動に参加されるなど充実したイベントとなりました。

清風薬局10周年記念/有森裕子氏講演会

「よろこびを力に・・・」講師/有森裕子 氏

清風薬局10周年記念/有森裕子氏講演会写真

●日時/平成13年3月15日 6時30分
●場所/人吉カルチャーパレス
●共催/地域ケアを考える会
●協賛/人吉新聞社、クレヨンの森
オリンピックメダリストである有森氏の講演では熱心に聞き入っていらっしゃる観客の皆さんの熱い眼差しが印象的。沢山の勇気と感動をいただいた心に残る講演会でした。

清風薬局グランドゴルフ大会

「第2回清風薬局免田町グランドゴルフ大会」

清風薬局グランドゴルフ大会写真

●開催日/平成13年10月24日
免田町スポーツグランドで開催された大会に125名の皆さんが参加されました。